So-net無料ブログ作成

事実。炭水化物・甘いものはおデブの近道 [ダイエット基本]


Q.人は糖質を多く含む食事を摂ると太りやすくなるって本当?



A.本当です。

image.png



【炭水化物・糖質】=三大栄養素の一つ。身体を動かすエネルギーになる。摂取量が増えると中性脂肪となり、体へ蓄えられる。摂り過ぎた分が脂肪に変わるスピードが、他の栄養素よりもダントツで速い



…確実に太りやすい。

!!!炭水化物・糖質は、脂肪に変わりやすいので太る!!!




◎血中の余分な糖は細胞へ運ばれる?!
(炭水化物・糖質を多く含む食事を摂ると、血液の中にたくさんの糖が入る。余計に入ってしまった糖を減らそうとして分泌されるのがインスリンという物質である。)


【インスリン】=血液中の余分な糖を細胞へ移動させ、血糖値を下げる役割を持つ。



!!!細胞が糖を蓄えて脂肪になってしまう!!!





Q.対策は?




◎自分の適正な糖質の摂取量を知ろう!



Q.自分の身体が一日に必要な糖質は?


・必要最低限の糖質量=(一日の必要摂取カロリー×0.5)÷4

・超えては良くない糖質量=(一日の必要摂取カロリー×0.65)÷4


※0.5と0.65は必要エネルギーの中の炭水化物量の目標値。4は糖質1gあたりのカロリー。一日の必要摂取カロリーの算出については下記参照。



・自分の一日の必要摂取カロリーの求め方


①自分の身長に対しての適正体重を求める。

身長(m)×身長(m)×22
※例えば身長160㎝の場合、1.6に直して計算する。


②適正体重での一日の基礎代謝量を求める。

適正体重(①の式で求めた値)×基礎代謝基準値(年齢・性別により異なる。下記参照。)



年齢・性別ごとの基礎代謝基準値


18歳~29歳 → 女性22.1 男性24.0

30歳~49歳 → 女性21.7 男性22.3

50歳以上 → 女性20.7 男性21.5




!!!食事で摂取する糖質と、自分に必要な糖質の量を照らし合わせてみよう!!!





◎普段何気なく食べている主食の糖質量に気をつけよう
(ご飯パンなどの主食は炭水化物で、糖質を多く含んでいる。砂糖の入ったお菓子などはもちろん、こうした主食などにも気をつけなければならない。)


・主食の糖質量


・食パン1枚(6枚切り)…66.7g

・中華面200g(ラーメン1杯)…55.8g

・スパゲッティ200g(1人前)…53.8g

・ご飯150g(お茶碗1杯)…55.25g

・そば180g(1杯)…43.2g

・うどん200g(1杯)…41.6

・ビーフン70g(1人前)…55.3g

・春雨30g(水で戻すとラーメン1杯と同じ量)…24.0g





!!!糖質の量を考えて食事を摂ることが大切!!!

!!!糖質の摂取は、最低必要量~超えては良くない量に留めておこう!!!








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。