So-net無料ブログ作成
検索選択
美容小ネタ ブログトップ

自宅で簡単に出来る!タラソテラピーで潤艶美肌GET!!! [美容小ネタ]


雪も降り、寒さもいよいよ本番、、

防寒についてはもちろんのこと、
冬ならではの悩み・乾燥が気になっている方も大勢いらっしゃると思います。


image.png


皆さんはどのような保湿対策をされていらっしゃいますか?

今回はヨーロッパで行われているタラソテラピーという自然由来のスキンケアを、ご自宅で簡単に出来る方法をご紹介します♪





Q.タラソテラピーって何?

【タラソテラピー】
海洋療法といって、海藻や海水など海由来のものを使った温泉療法。主にフランスなど、ヨーロッパでよく行われている。



温泉療法とありますがズバリ!!!タラソテラピーは入浴によって行われるのです!



Q.何故海由来のものを使うの?

【海藻・海水】
=海のものにはミネラルなど美容に良い成分が豊富に含まれており、それらは天然由来なので、美容成分を自然そのまま取り込むことが出来る。特に海藻は良質のタンパク質、ビタミン、カルシウムやカリウムなど美肌に関係するミネラルが多く含まれている。



海には美容成分が豊富に含まれているのですね!

それでは自宅で出来るタラソテラピーの方法を見てみましょう!




〈用意するもの〉

・お好みの海藻(乾燥、生どちらでも可)
・ネットか膝までのストッキング(古いパンストの膝から下を切ったもので結構です)


_______________________

~ 海藻それぞれの効能まとめ ~

もずく→粘り成分による保水効果
わかめ→ヨウ素が肌、髪、爪などを健康的にする
めかぶ→ヒアルロン酸ムコ多糖体で保水効果
ひじき→ポリフェノールが紫外線から肌を守る
昆布→ビタミンB2が肌荒れを防ぐ


_______________________


※因みに、海藻は塩出ししなくてOKです。塩のミネラルも美肌効果を高めてくれます♪


お風呂で全身のスキンケアなので、
入浴の際に行ってくださいね☆




やり方


・海藻を用意して、適当な大きさにカット

image.jpeg


・カットした海藻をボウル1杯分、ストッキングの中へ移し、開いている箇所を結んで閉じる。

image.jpeg

image.jpeg


・海藻を入れたストッキングを湯船に浮かべ、40℃位のぬるめのお湯にじっくりと浸かる。



普段半身浴などされてる方はそれと並行して行うのも良いかもしれませんね!

image.png





以上、自宅で出来るタラソテラピーのやり方でした!

普通のスキンケアと比べるとエステのように感じられて気分も上がりそうですよね!
天然の保湿成分で全身潤った肌になりましょ〜う◎




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

美容師さんに聞いた!リンス・コンディショナー・トリートメント、どれか一つでは駄目?! [美容小ネタ]



先週髪を切りに行った筆者。
前々から髪の毛のダメージが気になっており、
痛んだところを重点的に切ってもらいました。

そこで、
美容師さんから衝撃的な事実を聞いたのです!



シャンプーの後、リンス・コンディショナー・トリートメント、どれか一種類をつけても髪は補修されない!!!
(そもそも、リンス・コンディショナー、トリートメントは効能が違う!)


image.png



効能については……

【リンス・コンディショナー】
=どちらも髪の表面を油膜でコーティングするもの。それによって髪の指通りが良くなる。

【トリートメント】
=髪の内部を補修する、いわば栄養剤みたいなもの。潤いを与えたり、うねりなどを治したりする。




Q.パサつく髪を治すには、トリートメントさえ使えば良いんじゃないの??



◎トリートメントで栄養を与えても、リンス・コンディショナーでキューティクルを守らなくちゃ意味がない!
(髪の表面はキューティクルと呼ばれ、キューティクルはシャンプー、リンス・コンディショナー、トリートメント使う際に非常に関係するのです。)


【キューティクル】
=髪の毛一本一本の表面にある、ウロコ状の皮。
髪の内部を守ったり、タンパク質や潤いなどの栄養が外に逃げないよう蓋をする役割をもつ。
シャンプーでキューティクルについた汚れや皮脂を落とすことによって、ウロコとウロコの間に隙間ができた状態になる(キューティクルが開く、なんて言い方もします。)。




◎髪に栄養を与えるトリートメントは、表面のウロコが開いた状態でつけないと内部に入らない!
(先程も書きましたが、トリートメントは髪の内部に作用するもの。表面がキューティクルによって守られている状態で塗布しても、意味が無いのです。)

!!!シャンプー後にはリンス・コンディショナーではなくトリートメントを使うことが髪の補修に繋がる!!!



しかし、、



image.png

そうなのです。
折角トリートメントをしても、キューティクルでバリア(=表面のウロコを閉じる)
しなければ栄養は流れ出てしまうのです。





結論

◎トリートメントを洗い流した後、リンスコンディショナーをつけよう!
(そうすることによって、栄養が内側に入った後、表面がカバーされることになります。)

また、トリートメントは
塗布してから10分ほど置くことで
効果がより発揮されるといわれています。


なので例えば、

シャンプー → トリートメント → 湯船に浸かる → トリートメントを洗い流す → リンスorコンディショナー → すすぐ


などのように、トリートメントの放置時間を設け、
その後リンスかコンディショナーを使うようにすれば
髪の補修が充分に出来るでしょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
美容小ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。